群馬県高崎市緑町 高山眼科 緑町医院
027-361-6888

高崎駅前 ラ・メルセ3F 高山眼科 駅前医院
027-327-3366

高山眼科 緑町医院
027-361-6888

高山眼科 駅前医院
027-327-3366

白内障

≫ 白内障手術

白内障とは

人の目の中で、カメラのレンズにあたる部分を水晶体と呼びますが、この水晶体が濁ってくる病気を白内障といいます。昔から俗に「しろそこひ」と呼ばれている病気です。進行すると手術が必要になりますが、手術技術の進歩により現在では良好な視力が回復できるようになりました。平均寿命も延長し、高齢者が現役として活躍することの多い現代社会で、白内障手術の進歩は大きな福音です。
原因として最も多いのが加齢によるもので、一般に老人性白内障と呼ばれています。早い人では40歳代から始まり、80歳代では詳しく検査を行えば大部分の人で白内障が発見されます。その他の原因として、外傷によるもの・先天的なもの・薬剤による副作用・そして他の目の病気に続いて起こるものなどが挙げられます。
水晶体が濁り始めると、かすんだり、物が二重に見えたり、まぶしく見えるなどの症状が出現します。進行すれば視力が低下してきます。

白内障について

白内障は、水晶体を構成するクリスタリンというタンパク質の変性によって水晶体が白く濁ることが原因とされています。
水晶体は目の中にある透明な組織で、外からの光を集めてピントを合わせるカメラのレンズのような働きをしていますが、白内障になると集めた光がうまく眼底に届かなくなります。

白内障で最も多いのは、加齢に伴う老人性白内障です。60歳代で70%、70歳代で90%、80歳以上になるとほぼ100%の人に白内障による視力低下が認められます。
若いうちからの発症となりやすいのは、目の外傷、アトピー性皮膚炎、糖尿病、栄養失調などです。
その他にも遺伝、放射線や赤外線照射、ステロイド剤・抗精神病薬などの副作用、ブドウ膜炎などの目の病気よる続発性白内障、網膜剥離(はくり)や硝子体手術、緑内障手術のあとなどにも進行しやすい傾向があります。
生まれつき水晶体に濁りのある先天性白内障の場合もあります。

白内障の主な症状は、

など 眼精疲労、霧視※、乱視から次第に進行し、最終的には視界が白く染まります。

※霧視(むし):眼前にベールがかかったように見える状態。緑内障でも眼圧の急激な上昇などで生じる。

≫ 白内障手術