群馬県高崎市緑町 高山眼科 緑町医院
027-361-6888

高崎駅前 ラ・メルセ3F 高山眼科 駅前医院
027-327-3366

高山眼科 緑町医院
027-361-6888

高山眼科 駅前医院
027-327-3366

ICLとは

≫ ICL手術

ICLについて

コンタクトレンズは目の表面にのせるものですが、目の中に入れるレンズのことを有水晶体眼内レンズ(Phakic IOL)と呼びます。高山眼科で採用しているICLはSTAAR社のICLです。
メンテナンスが必要なく、ドライアイやアレルギーにも悩まされないICLを目の中に移植することにより、近視や乱視を矯正し、裸眼視力を回復させます。ICLはコンタクトレンズと違い、基本的にメンテナンスは必要ありません。コンタクトレンズ装用時のドライアイやアレルギーに悩まされることもなくなります。

ICLとレーシックの違い

ICLはレーシックのように角膜を削らないので、角膜が薄い、強度近視、軽度の円錐角膜などで、レーシックが不適応になってしまった方でも、近視・遠 視・乱視を矯正して裸眼で生活することができるようになります。
また、レーシックが適応と診断された場合でも、近視や乱視が強い方は角膜を削る量が多いため、視力が上がってもクリアに見えないことが予想される時は、ICLをおすすめしています。

ICLの安全性

STAAR社のICLは、コラマーというHEMA(水酸化エチルメタクリレート)とコラーゲンを含んだ親水性の柔らかい素材でできています。コラマーは生体適合性が高く、目の中にいれても異物として認識されにくい、優れた素材です。特別なメンテナンスは必要もなく、目の中で長期間にわたって透明な状態を維持し、長くレンズとしての機能を果たします。

ICLのメリット

ICLのデメリット

≫ ICL手術